特許出願がついに特許査定

審査官との電話面談により、本願が近日中に特許査定となることになりました。これにより、腕時計メーカーのみならず、部品メーカーに対しても、有効な特許権として成立することになります。

カテゴリー: News