腕時計特許に対する間接侵害

今回のFOUR MARUSの腕時計特許について、部品である風防またはコマの製造、販売行為は、それ自体が、腕時計特許に対する間接侵害の可能性もあります。

カテゴリー: News