FOURMARUSの腕時計特許に対する侵害 

日本の特許制度においては、特許権侵害として、文言侵害に加えて、均等侵害という侵害が採用されており、ちょっとした違いは侵害となる可能性があり、文言侵害だけに比べれば、保護範囲は拡がっております。

カテゴリー: News